ゼロエネルギーハウス・SW工法 | 株式会社 矢内工務店
キャッチコピー
会社名

地震に負けない耐震等級3へ

耐震設計が必須の時代

日本列島は地球上で4つのプレートが沈んでいく真上に位置しており、プレート境界型(海溝型)の地震が定期的に起きています。

出典:政府 地震調査研究推進本部 <予測研究の最前線>を参考に作成
(2004年1月15日現在の予測データ) https://www.jishin.go.jp/

文部科学省の地震調査研究推進本部が発行した「全国地震動予測地図」によると、東京都のほぼ全域で、今後30年間に高い確率で「震度7前後」の地震に見舞われる可能性があります。大地震の危険性の高い時代を生きるわたしたちにとって家屋の耐震設計は今や必須仕様となっているのです。

専門家からは、大地震への対策として、耐震等級2~3が必要と言われています。

耐震等級3を標準仕様に

建築基準法の1.5倍の耐震性能(耐震等級3)を確保すれば、中地震(震度5強程度)に対して損傷しない建物とすることができます。さらに、大地震(震度6強~7程度)に対して倒壊、崩壊等しない建物とすることができます。

住宅性能表示等級 (国土交通省指定)

「耐震等級3」を実現するためには、まず、前提として、「地盤調査」により地盤の状態を把握した上で、「耐力壁の量とバランス」、「水平構面(床・天井)の強度」、「柱や梁の接合部の強度」、「基礎の強度」を確保することが必要となり、一つ一つ妥協することなくチェックしていきます。これらの基本的な耐震施工により、「耐震等級3」の前提となる優れた耐震性能を実現することができます。

さらなる耐震性を求める場合は、間取りやコストの制約をクリアし、耐震に特化された建築工法を選択していただければ、耐震等級3相当の耐震性能を確保することも可能です。

高耐震のスーパーウォール工法

優れた耐震性をもつ建築工法

基本の耐震強度の確保に加えて、スーパーウォール工法住宅を選択していただくと、「耐震等級3」相当の住居を実現することができます。

耐震等級3相当の設計は、地盤の状態や間取りなど、
個々の事案で実現可能性が異なりますので、ご相談ください。

スーパーウォール工法とは?
高耐震のモノコック構造 壁倍率5倍パネル

モノコック×5倍パネルの高耐震構造。高気密・高断熱+計画換気システムによる高性能な省エネ住宅です。

「耐震等級3」相当の耐震設計

耐震等級3の設計は、災害時の防災拠点となる消防署や警察署と同等の耐震性能です。

地震の揺れを最小限に 制震仕様パネル

さらなる安心・安全のために、揺れを抑える機能を取り入れた制震仕様パネルを開発。くり返しの揺れにも強さを発揮します。

万が一の災害時も安心 耐震補償

地震の揺れによる損壊等、万が一に備える「耐震補償」をご用意しております。