ゼロエネルギーハウス・SW工法 | 株式会社 矢内工務店
キャッチコピー
会社名

ゼロエネ住宅って?

ゼロエネ住宅とは、高断熱・高気密の「高性能住宅」と「省エネ設備・家電」、「創エネ設備」、そして「暮らし方の工夫」で実現する、エネルギーゼロの暮らしをめざす住宅です。これからの住まいに求められるのは、小さなエネルギーで快適に暮らすこと。家族のあしたのために、あなたもゼロエネの家づくりを考えてみませんか?

1.魔法びんのような家

エネルギーゼロの暮らしを実現するゼロエネ住宅は、飲み物の冷たさや温かさをキープする、魔法びんのような保温性にすぐれた家。断熱性・気密性にすぐれているのです。だから、外気温の影響を受けにくく、一年中快適です。さらに、部屋間の温度差や床から天井までの温度差が少なく、ヒートショックを防ぐ効果も。心地よい温度をムダにしません。

2.快適さをキープする換気

きれいな空気を保つためには換気が重要。そこで、ゼロエネ住宅には高性能な熱交換換気システムをおすすめしています。快適な室温・湿度を保ちながら家中の空気を入れ替えることができ、冷暖房費も節約。外気清浄フィルターによって、ホコリや大部分の花粉をシャットアウトし、クリーンな室内環境をつくります。

3.自然の風を活かす家

小さなエネルギーで快適に暮らすためには知恵も必要です。エアコンばかりに頼らず、自然の風を上手く活かせば、夏を涼しく過ごすことができます。たとえば、夜おやすみのときは、防犯にも配慮した小さな窓を利用して、家の脇を通り抜ける風をキャッチできるように開き、スムーズに外へ逃がすことで、心地よい風が通ります。

4.水まわり節約で省エネ促進

省エネとは、電気・ガス・水といった、暮らしのすべてのエネルギーを節約することです。そこで注目すべきは、毎日多くの水を使い、お湯を沸かしている水まわり設備。給湯機器はもちろんですが、保温性のよい浴槽や手元でON・OFFできるシャワー、節水トイレを使うことで、大きな省エネ効果が期待できます。

5.省エネの「見える化」

話題の省エネ家電やLEDのあかりと採り入れることは大切ですが、どれくらい効果があるかが見えると、もっと楽しいと思いませんか?省エネモニターなら、電気・ガス・水道の使用量をリアルタイムに見ることが可能。部屋ごとの電気使用量もわかるので、子供たちも部屋の使用量をチェックでき、節電意識も高まります。

6.わが家で「創エネ」

グリーンエネルギーとして、いま注目を集めている太陽光発電。電気が自給自足できる時代になりました。太陽の光という自然の恵みを生かし、わが家で発電した電気で、テレビを見る、冷蔵庫や洗濯機を使うことは、光熱費が削減できること以上に、楽しさが感じられること。災害時の備えとしても安心できます。

7.光熱費ゼロの暮らし

ゼロエネ住宅の大きな魅力は、やっぱり光熱費ゼロの暮らし。ちなみにSWゼロエミッションモデル(ベーシックプラン)による年間光熱費は-112,594円。つまり、光熱費ゼロを超えて11万円以上も副収入が得られる試算に。さまざまな条件によって、光熱費がかかる場合もありますが、大幅に削減できることは確かです。